ジェロントロジストを求めて各分野の先駆者に独自の視点でインタビュー

| HOME | 研究探訪 | 研究探訪VOL5 |

更新日 2015-08-30 | 作成日 2008-06-12

研究探訪 VOL.5

ジェロントロジストを求め各分野の先駆者に、室長が独自の視点でインタビュー。
第5回目はマウイノT. ハレスコさん

日本の文化や環境を愛する外交官
マウイノT. ハレスコ

日本通の外交官

マウイノT. ハレスコ氏はフィリピン大使館商務部商務参事官の要職に在任している外交官である。氏とのお付き合いは、毎年ビックサイトで開催される_TPW5062.jpgインテリアプロの展示会(IPEC)にフィリピンの製品の展示をしたことに始まる。実際は前任者の商務官と話をしていたのだが、マニラに赴任し、後任としてハレスコ氏とコンタクトしたことがご縁であった。フィリピンの東大と呼ばれるフィリピン大学を卒業し、弁護士でもある、外交官というその国の代表者で権威のある方なので、堅苦しい人と思っていたが、非常に静かな、いつも微笑みを絶やさない紳士である。日本への赴任は2回目で、最初は、1983年に大阪であった。関西の食べ物に大変魅せられたそうである。二回目が東京で、商務部と農業部の兼任で大変忙しい日々を送っている。
奥さまのマリッサさんと米国サンフランシスコで働く長男夫婦と二人のお孫さんのいる家族構成であり、奥様を大切にする愛妻家でもある。一緒にセブ島に行った折には、現地で奥さまの好物であるパンをわざわざ買い求めるくらいである。
マリッサさんは日本語が堪能で、また日本の衣食に大変詳しい人で非常にアクテイブなフィリピン女性の典型的(フィリピンは女性が要職に就くことが多い)な方で、ハレスコ氏の健康をいつも気にかけている素敵な人である。


フィリピンでは家族の記念日
(誕生日、結婚記念日など)をとても大切にする

フィリピンの人は誕生日を盛大に祝う習慣があり、これが家族、友人関係の基盤となっている。日本人だと照れくさくなったり面倒くさくなる大人の誕生日なども盛大にお祝いを言い、プレゼントを用意する。ハレスコ氏の家族も日本と米国、フィリピンと遠くに離れて生活しているが、この記念日には必ずお互いに連絡し合うそうである。家族の関係が希薄になりがちな日本でも学ぶことである。フィリピンでは日本の町内会のようなバランガイ制度があり、その近隣コミュニテーはお互いに助け合う習慣があるが、最近になりこのシステムが変質してきているという。近代化はどの国においても家族やコミュニテーの変質をもたらしている。その意味で家族のつながりは最後の砦となると思う。
・・・・あなたは妻や子供の誕生日を知っていますか?

温泉の素晴らしさ

_TPW5075.jpgハレスコ氏は大変な温泉好きである。日本の各地の温泉を体験しているし、信州の山奥の温泉にご一緒したときには、温泉を日本人のように堪能していたのには驚かされた。常夏のフィリピンでは日本のような温泉文化はないが、ハレスコご夫妻の温泉好きは意外な感じもする。日本の食文化のみならず温泉文化も外国人にも受け入れられていると感じた。

フィリピンと日本の交流

フィリピンと日本との関係は、外交官としてのハレスコ氏の懸案事項である。氏の担当する商業・農業分野のみならず、フィリピンの持つ大きな観光資源の開発は氏の希望でもある。フィリピンは7,000以上の島からなり、自然と海洋資源は非常に豊富で日本ではまだ十分に宣伝されていない部分でもある。ハレスコ氏自身もダイビングスポットとして世界的に有名なボラカイ島(ハレスコ氏の地元)にペンションを立て観光客の受け入れをしている。このペンションは一度滞在したが、大変いい設備で海からわずか数分の静かな立地で、長期的な滞在に適している。

バナナの種類

ところで最近、バナナダイエットがはやり、バナナに関心がもたれている。スーパーではフィリピン産のバナナはよく見られるが、ハレスコ氏によればフィリピンでは、バナナでスープを作るという。バナナにはテーブルバナナとキッチンバナナがあり、日本人が果物として食べるのはテーブルバナナで、スープや煮物に入れるキッチンバナナは日本では見られないものである。フィリピンでこのバナナスープを飲んだが大変美味であった。・・・・そんな ばなな?

退職後の計画

ハレスコ氏はあと一年半で退職だそうで、その後は高齢者の住みやすい日本での生活を継続したいという。氏いわく、食べ物、環境、温泉、友人など日本での生活は快適で楽しいという。最近の日本人にとって、高齢になっての生活に大きな不安を感じるのと比べると、面白い感想であるとおもう。日本の社会・生活環境がグローバル化したといわれるが、外国人から見れば、日本の伝統的な食文化、生活様式、人間関係などに大いなる魅力と共感を持っていることには、我々も重く受け止める必要があると感じる。

_TPW5090.jpg

東京 六本木のフィリピン大使館にてインタビュー
写真:谷口とものり

_TPW5079.jpg

マウイノT. ハレスコ
駐日フィリピン大使館
商務参事官

Mauino T. Haresco
Commercial Counsellor
Embassy of the Republic of the Philippines

フィリピン大学卒業
弁護士

詳しいプロフィールはこちら